SSブログ

キャラクタLCDの シリアルインタフェース化 [電子工作]

キャラクタLCDのシリアルインタフェース化

LCD8812Kのシリアル化を真似して、以前購入していたAitendoのキャラクタLCD DV16284をシリアルインタフェース化した。
10DV16284P1040269.jpg20DV16284P1040270.jpg

電源以外の信号は、データ、クロック、ラッチの3本。LCD8812KのHC595によるシリアル化と同じ方法をとった。
25HC595spi99.jpg

改造方法
・DV16284のプラスチックハウジングをニッパーで適度に切り取る。
・ユニバーサル基板を40mmx23mmにカットする。(LCD裏に貼り付け出来るサイズ)
・SOPタイプのHC595をシール基板に半田付けしユニバーサル基板に両面テープで取り付ける
・1mm_14Pのフラットケーブルコネクタを基板に取り付ける。この時、端子がランドに当たるので、 絶縁シートを挟んでコネクタを基板に取り付ける
・LCDのコントラスト端子Voの最適値電圧を事前に求めて、固定抵抗値を決定。可変抵抗のままでも良い。
・回路図に従い結線。
・部品とFCケーブルが当たるので念のためケーブルをカプトンテープで補強

40HC595P1040275.jpg30HC595P1040273.jpg

HC595のQBをRS信号としたので、HC595の遅延時間だけ、LCDのE信号を遅らせるつもりで、1素子ゲートHC1G32を2段使った。しかしこのゲートによる遅れは20ns程度でほとんど遅延対策にならなかった。規格外で動作したのか、このLCDにマージンがあるのか?。E信号直結でも使えるかもしれないが試していない。

50DSC_2082.JPG60DSC_2081.JPG

バックライト無しでも十分見える。
SPI規格ではないが、HC595によるシリアル化したLCDライブラリを公開。
lcd_SPIlib.c
lcd_SPIlib.h

LCD8812Ktest.zipに含まれる


----------------------------------